新卒採用には企業の未来が掛かっています

###Site Name###

新卒採用は企業の生死を分けるプロジェクトです。

単に優秀な学生を雇えばいいと考える企業が多いですが、新卒の学生の採用に失敗することは長期的に経営が失敗することと同じです。

企業は人というリソースで構成されるものです。新規事業の発案も、DYM社内イベントの1つとして定着しています。

構成要素である人材の確保に最初の段階で失敗すれば企業経営というプロジェクトは失敗します。
Webサイトの立ち上げの段階でプラットフォームやCMSの選定に失敗すれば、いくらその後に努力してもどうにもならずに失敗するのと同じで、新卒採用に失敗すれば、いくら軌道修正をしようとしても企業はどうにもならなくなるものです。

単純に成績のいい学生だけではだめです。
企業のプレイヤーとして活躍できるかを長期的視野に立って見る必要があります。

性格、仕事に対する姿勢、コミュニケーション能力、フットワーク、将来への展望等の要素を多面的に総合的に判断して新卒は採用する必要があります。
DYMの採用や社員教育は各種メディアに取り上げられることもあります。

単純に成績のいい学生だけではだめです。

企業のプレイヤーとして活躍できるかを長期的視野に立って見る必要があります。


性格、仕事に対する姿勢、コミュニケーション能力、フットワーク、将来への展望等の要素を多面的に総合的に判断して新卒は採用する必要があります。



新卒採用は野球のドラフトと同じです。



新卒採用に失敗すると企業も学生も何十年と不幸なランデブーを共にする可能性があります。企業も学生も不幸にならないように採用活動は行うように心がけましょう。

新卒採用は企業にとって最重要なプロジェクトだということを認識する必要があります。

ある意味資材調達と同じです。
どんな優秀なプロジェクトを展開している企業でも原料が悪くては良いサービスは生まれません。



新卒を採用するということは企業の未来が掛かっているものなのです。